レース情報

注目選手

やっぱ!オズパ!杯 FIIガールズケイリン
4/18・19・20

開催展望 (協力:競輪研究4/5現在)

東遠征勢を軸にV争いを展開か

今シリーズのリーダーを務めそうなのは荒木貴大だ。スピード豊かな捲り、カマシを主武器にレースの展開に対応する柔軟性を兼備する。その持ち味を活かしてVゴールを目指す。こことタッグを組むのは安部達也。捌き、差脚に安定感が有り、関東勢がV争いを引っ張って行きそうだ。
南関からは五十嵐力が参戦。キメ脚は依然としてシャープ。機動戦を前面に幅のある本多哲也と息を合わせて台頭するか。
迎え撃つ近畿勢は白上翔が軸になる。捲り兼備のキメ脚は復調下にあるが、今節近畿の自力型が手薄。頼みとする地元中井勇介の機動戦復活が気になる所。
中部勢では伊藤世哉、竹田和幸の追い込み陣が安定した戦歴を残す。犬塚貴之の機動力に賭けるか、自ら勝負圏を確保して圏内に迫って来るか。

選手名 登録 期別 年齢 級班 戦法 競走得点 勝率 2連対率 BK
荒木 貴大 埼玉 115 30 A級1班 捲差 94.27 55.5 72.2 7
近況は勝ち星、Vを量産と気温の上昇と共に成績も右肩上がり。ウイニングショットは切れのある捲り脚だが、緩めばカマシ先行も敢行。加えて走りに幅が有り、追込み、マーク戦も可能だ。
白上 翔 滋賀 95 35 A級1班 自在 92.16 27.7 50.0 1
冬場はやや調子を落とした印象もあるが、春の訪れと共に復調のきざしを見せる。目標を掴んでのマーク、差しが戦いの大半を占めるが、捲りの勝負脚を温存。必要ならその宝刀を抜くか。
伊藤 世哉 三重 87 43 A級1班 追込 91.57 14.2 38.0 0
降級後は派手さはないが、勝ちパターンに持ち込めばきっちりとキメ脚を発揮する。中部機動型を得ての番手戦に、必要なら捲りも放って存在感を示す。2月小田原では番手差しを決めV奪取。
安部 達也 埼玉 83 46 A級1班 追込 92.68 4.5 45.4 0
近況は2着惜敗が目を引くが、コースを探して突っ込んできたり内容的には悪くない。番手で運べば仕事をこなして目標に肉薄。前記荒木との埼玉タッグでV戦線に参入するは必定か。
本多 哲也 千葉 97 35 A級1班 捲逃 89.72 16.6 27.7 8
降級後はピスト6にも積極的に参戦。本業の競輪でも1月前橋ミッドでVなどしっかりと結果を残す。捲り、先行の力勝負で押しているが、やる気なら自在の動きも可能でその動向が気になる。